コツを意識して売りに出そう

衣類を売りたいと思った時に売ると、高額な査定価格を付けてもらえない可能性があります。 売るのに適した時期があるので、調べてください。 衣類には夏物と冬物があると思いますが、別々に売った方が良いでしょう。 それぞれによって、売るのに適した時期が異なります。

対応によって査定価格が変わる

こっちが客だという認識が強いと、スタッフに乱暴な口調で査定を依頼してしまう人が見られます。 ですがスタッフが嫌な気持ちになるので査定価格が下がる恐れがあります。 高額な査定結果を出すためには、丁寧に依頼することを忘れないでください。 服装にも気を付けて行きましょう。

持って行く時の方法

袋や段ボールに衣類を入れて、リサイクルショップに持って行く人が多いでしょう。 持って行っている最中に、衣類がシワだらけにならないよう気を付けてください。 シワがついている衣類は、減点の対象になります。 綺麗に畳んで持って行くことで、価値を高められます。

売るのに適した時期を知ろう

実は衣類を売るのに適している季節があることを、みなさんは知っていましたか。
通年同じ価格で、衣類の買い取りをしているわけではありません。
衣類には夏物や冬物があります。
その季節の少し前から、高い価格で買い取っているリサイクルショップが多いです。
冬になってから、冬物の衣類を売っても高額にはならないので注意してください。
売るタイミングをしっかり見極めましょう。
リサイクルショップで、どのブランドの買い取りを強化しているのか調べるのも良い方法です。

また、スタッフへの態度も重要になります。
丁寧な態度で接していれば、スタッフはこの人のために頑張って査定価格を高めようと思ってくれるかもしれません。
上から目線だと、スタッフは嫌な気持ちになってしまいます。
そんな人のために、高い査定結果を出したいとは思わないでしょう。
意外とスタッフへの態度も、査定に関わっています。
丁寧な態度を心がけましょう。
リサイクルショップに行く時の、服装にも注意してください。
なるべくオシャレをしていきましょう。

衣類がシワだらけにならないよう、丁寧に畳んで持って行ってください。
袋に入れて持っていくと思いますが、その時の袋が汚いと、スタッフに悪印象を与えます。
袋が汚いと、中に入っている衣類も汚いと勘違いされるかもしれません。
綺麗な袋で持って行くことで、勘違いを防げます。
急いでいる時でも、丁寧に衣類を畳んで、綺麗な袋や段ボールに入れてください。